So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ぐだぐ駄文 ブログトップ
前の15件 | -

地震 [ぐだぐ駄文]

大阪での地震。かなりの被害が出ているようですね。
一度震災を経験すると他人事には思えなくなってしまします。

震度6弱となるとかなりの揺れです。立っているのも難しく
揺れ方向によっては、部屋もめちゃくちゃになります。
また、地震がこれで終わりとも限りません。しばらくの間は
揺れに対する警戒を解かずにおくことをお勧めします。

梅雨時期で食物の傷みも早く、衣類の渇きも遅い時期です。
衛生面にもお気を付け下さい。個人的には震災の時の飲料は
お茶が煮炊きにも使えるし、カテキンなどの多少の殺菌効果も
期待できたので重宝したように記憶しています。

また、出処不明のおかしな情報も出回りやすくなりますので
振り回されず、公共の情報を頼りに動くことをお勧めします。

この手の趣味をやっている方々だと、それなりの被害も出ます。
東日本大震災の時は3月という時期の悪さもあり、熱帯魚等は
生存が絶望的となり、それを機に趣味を辞めた人も多かったです。

いざという時、まず守るのは我が身と家族ではありますが、
飼育している生き物達をどう守るかも頭の隅に置いてほしいと
思います。それらの生き物も種こそ違えども家族ですから。

この辺もあって、冬季に保温必須な種は飼えなくなって
しまいました。飼いたい種もあるんですけどねぇ・・・。
nice!(1)  コメント(0) 

気忙しい [ぐだぐ駄文]

今年は冷えたと思う日があっても、実際には
例年並みの陽気なだけなので、遅霜の様な実害を
恐れるようなことはなく比較的順調な滑り出し。

ただまあ、住環境が近隣の急な開発によって変わり、
今までなかった日陰や騒音などの影響が飼育の面で
どのように発生してくるかはまだまだ不明です。

恐らく、魚はそんなに影響ないですけど、屋外の亀は
日光が当たらなくなった場所での飼育は断念しました。
去年作った設備もダメっぽいので場所を変える予定。
場合によっては飼育種の変更もあるかもしれません。

金魚の方は去年の全滅が嘘のように、アルビノ稚魚も
泳ぎ出しました。去年の原因は何だったのか・・・?
取りあえず致死遺伝子ではなかったので安心しました。

今年はアルビノ系だけ残せればいいと思ってるんで
状況次第では他の魚は採らずに終わるかもしれません。

ハオルチアは3月に大抵の植え替えは終わってるのですが
最近の急激な温度上昇で根が腐った株も出ているので、
その辺を適宜処置しながら種を採ったり、胴切りしたり。

ただ、最近のハオルチア界隈は某団体の商標登録乱発や
中国の培養物の流入等々、色々と購入側が混乱する状況で
「なんだかなぁ〜・・・」っといった空気が流れています。

あ、一時の中国バブルはもう9割がた終わってますので、
完全なる趣味として始めるには良い時期になってます。
しかし、ヤフオクでは亀や金魚以上に選別眼が試されます。
分からんうちは品物の顔が確認できる株だけ手を出すのが
賢明です。玉扇や万象の小苗は特にご注意を。

まあ、そんな感じでバタバタしながら楽しんでいます。
ブログの文章を考える時間は基本的に後回しになるので、
近況に関しては、インスタの方をご覧ください。

最後に、今年は赤字覚悟でイベントにも出ようかなと
思案中です。取りあえずは、繁殖失敗しても他の品で
お茶を濁せるとんぶりが良いかな〜?

nice!(1)  コメント(0) 

良いものを見せてもらった [ぐだぐ駄文]

自分は完全なる、「にわかスポーツファン」なので
オリンピックですら、食い散らかしてる感じに
見ていますが、先週はなんか凄かったですねぇ。

女子のスピードスケートの高木選手とかは以前に
特集されていた番組を見て、そのストイックさに
感心しましたが、見事復活して結果も出しました。

金メダルの両名は、バックストリーも豊富すぎて
漫画にしても出来過ぎだろうって内容でしたけど
それを目の当たりにできたってのは、この時代も
捨てたもんじゃないのかなと思います。

他に、アメリカのネイサン・チェン選手は異常な
プレッシャーの中で、最後に王者としての意地を
見た気がして、まだ18歳なのにもの凄い選手だなと。

オリンピックだけでも満腹なのに、週末にはさらに

・藤井5段が朝日杯優勝で一気に6段へ

なんてのもありました。これだけ明るいニュースが
多いと何の関係もない自分でさえ、嬉しくなります。

イッテQの南極登山も良かったですね。色々と批判する
アルピニストもいるようですけど、お門違いですよね。
お互いに目指してるところが全然違うんだろうし。

多くの人を明るくさせて「自分も頑張るか!」って
思わせてくれる人って、やっぱり偉大だな〜。

大いにパワーをもらえた一週間でした。

気温も落ち着いてきたし、そろそろ、なまった体を
少しずつ起こしていかないといけないかな。


nice!(1)  コメント(0) 

春よこい [ぐだぐ駄文]

今年は寒さが厳しいだけでなく、長期間に渡って
最低気温が氷点下になる日が続いています。

ここ数年の記憶では、この時期になれば気温が上昇し
20℃を超えるような日も出始めたりするもんですが、
そんな気配はなく、最高気温が1ケタの日も多いです。

毎年、この時期はスイセンの芽が出だす時期で季節を
見ていたんですが、宅地造成ですべて潰されてしまい、
寂しく感じています。我が家の周りも味気ない風景に
代わってしまうんでしょうねぇ・・・。

日本海側の雪も物凄いことになっていますし、今年は
異常な冬だったと記憶されていくんでしょうかね?

これが通常運転って気候にならないことを願います。

さて、最後に

インスタグラムのURL載せておきます。

ととかめ屋

ほとんどハオルチアの画像ですけども、時期が来れば
金魚や亀なんかも出てくると思います。生きていれば
ですけども・・・。

ブログにするネタが浮かばなくとも、画像だけ載せれる
ってのは意外と便利だなと感じてます。特に植物系は
これといったネタが浮かびませんからね。
nice!(1)  コメント(0) 

映える画はないけども [ぐだぐ駄文]

ここ数日の異常な寒さ。夕方には水が凍り始め
今まで薄氷で済んだ場所でもかなりの厚さに。
この調子だと、今年は不作になりそうです。

IMGP0015-1072x804.JPG


さて、今更ながらインスタを始めました。
ツイッターは性に合わなかったんでやってませんが、
インスタは画像だけと割り切れば結構便利ですね。

とはいえ、基本的に長文派なので言いたいことは
ブログに、記録を兼ねた画像だけはインスタにって
感じになっていくと思います。

もうちょい画像が揃えば、アドレス載せます。

nice!(1)  コメント(0) 

極寒 [ぐだぐ駄文]

ここ数日の寒波は記憶にない感じのレベルです。
最低気温がマイナス7℃とか信じたくない寒さ。

多肉も亀も金魚もこの寒波に耐えられるかどうか?
可能な限り対策はしていますが、全て無事ってのは
無理かもしれません。全部は家に入らないし。

ハコガメは雪の下なんで、まだ確認してません。
生きてりゃ良いけど。。。


nice!(1)  コメント(0) 

生存報告 [ぐだぐ駄文]

死んではいませんが、まだ生き返ってもいません。
死んだと思われても困るのでご報告。

今年もぼちぼち更新していきますんで
よろしくお願いします。

以上
nice!(1)  コメント(0) 

寝正月 [ぐだぐ駄文]

ようやく休みになったと思ったら、福の神ではなく
インフルエンザが我が家にやってきました・・・。

年末年始の予定を全キャンセルして対応しております。
そんなこんなで新年なんてどうでもよくなった!

皆様におかれましては良いお年をお迎えください。
nice!(0)  コメント(0) 

もう12月だって! [ぐだぐ駄文]

今年は駆け足で冬がやって気たせいでバタバタです。
既に薄氷や霜も降りましたし、ハコガメは完全冬眠。
魚もだいぶ前から餌を絞っています。

そのうえ、雨が多かったせいもあって作業がはかどらず
ここ最近は朝から晩まで庭で一人バタバタしています。
そんな感じですっかりブログの方は放置状態です。

更には今年からは、動物取扱業の講習会もあったりと
色々とやることが増えたので、とにかく気忙しいです。

ネタが無いわけではないんですけども、ハオルチアの
温室だけは何としても作り上げないといけないので
それが完成するまではブログは後回しにします。

まあ、毎年冬はネタがないんで更新落ちるけどね。
魚が動き出すころにはまた更新も上がるんで、気長に
お待ちください。
nice!(1)  コメント(0) 

安物買いの人生失い [ぐだぐ駄文]

Yahooにタイの空港からカワウソを密輸しようとして
日本人女子大生が逮捕されたとの記事がありました。
タイの市場での購入金額は10匹で33000円と格安。

本人は「売られているのを見て可哀想だと思い購入した」

とのこと。まあ、転売目的だと思われても仕方ないでしょう。
国内でペットとして正規流通するコツメカワウソは、1匹で
100万近いそうですから、たとえ半値だとしても10匹で500万の
荒稼ぎとなるわけです。3万が500万になるなら金塊の密輸
より割が良いのは確かでしょうね。ばれるリスクも大きいけど。

この娘も結構な代償を払うことになるでしょう。国外で逮捕
されると、司法が違うから色々と大変らしいので。

万が一、本当に動物がかわいそうで正義感から購入したにしても、
今のご時世では、動物の輸入は色々と規制や検疫が入る話なんで、
現地で素人が思いつきでやるもんじゃないのは確かです。

私らみたいな素人は、大人しくショップやイベントで
お金を出していた方がいいと思います。ハイ。

さて、今週末はいよいよブリーダーズイベント「HBM」ですね。
今年はすでに池袋のハロウィンイベントは終わってるようなので、
変に心を乱されることなくイベントを楽しめると思います。

nice!(2)  コメント(0) 

八方美人 [ぐだぐ駄文]

ジメッとしたなんとも鬱陶しい陽気が続きます。
今日あたりから気温もグッと上がってきました。

気が付けば7月。今年も半分が終ってしまいました。
本当に疾風のごとく月日が流れていきます。

この時期になると亀たちは本調子になってきます。
餌食いもぐんと上がり、目にも活力が漲っています。
卵を持った♀は餌食いが落ちますが、それ以外は
冬へ向けた体力づくりにとにかく食う時期です。

T+アルビノクサガメ

IMGP0105.JPG


2匹とも元気にしています。マウスロットも治りました。

IMGP0107.JPG


傷口は塞がってますし、炎症の再発もありません。
少し餌が食いにくそうですが、食欲は問題なし。
もう1年もすれば嘴も綺麗に伸びてくるでしょう。
大きいほうは2年もしたら産卵につかえそうな感じです。

T+はアルビノでも視力は問題ないし、綺麗なんで
お勧めです。ただ、♂は黒化の可能性もあるんで、
1匹飼いなら♀の方が長く楽しめると思います。

金魚たちは産卵のピークも過ぎ、大きくなる時期ですが
この時期は蒸れや水質の変化で調子を崩しやすいです。
温度が上がりきる時期までは注意が必要な感じですね。
当歳魚も色変わりの時期なんで色々と気を使います。
メダカはそんなの関係なく絶好調です。丈夫だねぇ。

アルビノ浜錦

IMGP0103.JPG


今年は全ての産卵がダメという惨憺たる結果でした。
出目系のアルビノがいるから全滅ではないですが、
なかなかダメージの大きいシーズンとなりました。

金魚のアルビノもかなり弱いイメージがありますが、
血が薄ければそんなに弱くもないし、屋外での越冬も
特に問題ないです。生産数が少ないのでなかなか
お目にかかるのが難しい種類ではあります。

反面、ハオルチアにはしばらく厳しい時期が続きます。
もともとが乾燥地帯の植物ですから、蒸れに弱い。
下葉が腐ったり、虫に食われたりと散々です。
この時期は通気と水やりに注意が必要みたいです。

マリン

IMGP0098.JPG


オブツーサを片親に使った交配種で、斑入りの親として
優秀だそうです。マリン自体も柄が良ければかなり綺麗な
品種だし、他のオブツーサ錦比べたら値段も手ごろ。
仔吹きも悪くないので、一石三鳥なハオルチアです。

亀や金魚の色変と違って、ハオルチアの斑入りは柄が
常に変化するので、斑柄の維持は大変みたいです。

・・・なんかショップの商品紹介みたいになってますが、
売る気はありませんのであしからず。しかし、こうやって
並べてみると、無駄に手広くやってるよなぁ・・・。

多肉沼どハマり中 [ぐだぐ駄文]

ようやく、最低気温が氷点下まで下がらない日が
増えてきました。ホースの凍結もなくなってきた。

さて、急激に趣味の面で面倒事が出てきてしまって
この1週間ほど非常に難儀しております。

まず、今まで我が家は林に囲まれた所だったんですが、
一気に開発が始まってしまいました・・・。

数百坪の雑木林が切り倒され、宅地となるようです。
この騒音が生物の生活に影響なければ良いんですが。
地響きも凄いので、特に冬眠中の亀が心配です。

次に、金魚の調子は非常にいいんですが、外野で
問題が起こりそうな雰囲気があって、ハネの行き先が
無くなる可能性が出てきています。そうなった場合
ブリード自体を縮小する決断をしなくてはいけません。

流石にハネの行き先なしに魚を作る気にはならんので
かなり頭の痛い問題となっております・・・。
ようやく軌道に乗せられると思ってたのになぁ・・・。
亀の餌にするにも限界があるしねぇ・・・。

そんなこんなで、短期間でモヤモヤした物が急激に
蓄積してしまい、家族にも気を使わせてしまう始末。

これらを手っ取り早く発散するには、新たながはけ口を
作って現実逃避をするのが一番です。今回は多肉がそれ。
多肉植物の情報を一気に収集し、専門店や園芸コーナーを
ハシゴしてハオルチア漁り。100均あたりにも売ってます。

園芸コーナーや100均は、エケベリアやセンペルビウムを
置く店は多いけどハオルチアを置く店は意外と少なくて、
入荷したとしてもすぐに売れてしまうし、人気種のようで、
こんな田舎でも地味に争奪戦がある感じ。
(地域によって差はあると思いますけども)

難点としては、普及種しかなかったり、水の管理が悪くて
状態が怪しい個体も散見されること。とはいえ、その辺は
自分の眼で判断がつくし、価格的には非常に手ごろなので
身構えることなく非常に入りやすいのも魅力です。

専門店は、当然ながら種類も多いし、管理も適切な感じ。
店主の知識も豊富なため、質問しても明確な答えが貰える。
また、専門店は同じ品種が数多くあるため、気に入った
株を選ぶことができる。その分値段は高めになりやすいが、
払うだけの価値があると思わせてくれるのが専門店の良さ。

なんか久々に専門店らしい専門店に出会った気がする。
魚や亀の世界では売ってるだけの店も多いからねぇ・・・。
趣味の店は、どんだけ薀蓄語れるかだと思うんだけどね。

ま、たまにまこんな気分転換もありでしょう。
こうやって書くこともストレスの発散になりますね。

早いとこ先が見えてほしいもんです・・・。

多肉沼 [ぐだぐ駄文]

この時期特有の強風の日が続きます。
乾燥と強風が重なると最悪なんですよ。

強風で舞い上がった土埃で周囲は茶一色になり、
洗濯物も干せないし、窓も開けておけない。
直後に雨でも降ろうもんなら、車は泥だらけ。

最近は苦情も多いようですが、抜本的な対策は
なかなか難しいようで、役所も苦慮してるようです。
やるとしたら、田畑全てを覆うしかないですしね。

さて、今日は植物の話でも。

数年前、ドラゴンフルーツの茎を買ったんです。
無事に発根し、新芽も出たんです。この経験で
この種の生命力と摩訶不思議な形が気に入りました。

ただ、やはりこの種特有の強い棘が難点でして
子供が小さいときには置き場所に難儀しました。
自分も何度か棘を刺して痛い思いをしましたし。

その上、自分のミスで冬場に霜を当ててしまい
結局、その苗は1年ほどで腐ってしまいました。

その失敗から、もう少し手軽で面白そうな奴は
居ないかと探していた時に出会ったのが、
近所のホームセンターで安売りされていた、

・サラダ菜

と札のついた、よくわからん肉厚の謎植物。
みっちりとした感じがなんとも面白い感じでして
増えたら亀にでも食わせようと思って購入。

これも結構丈夫で、屋内でも特に問題ないし、
寒さにも比較的強く、徐々に子株も出てくるし
地味ながら花も咲くので、日々の癒しとして
ここ数年、ネタにもせず愛でておりました。

残念ながら亀の食いつきはイマイチだったんで、
当初の目論見は外れましたが、家族のウケも良く、
わが家では比較的人気のある生物となりました。
(ちなみに、家族の1番人気は野良猫です・・・。)

そんな感じで、ここ数年を過ごして来ましたが、
先日、近所に専門店があることを知ってしまい、
興味本位で行ってきたのが運の尽きというか・・・。

まあ、いろいろな種があるもんです。面白い!
様々な謎植物が山のように展示されていました。

サラダ菜ってのは正式には「ハオルチア」と
言うそうで、園芸品種として親しまれているとか。

しかも、そこの店主の商売の仕方が丁寧で
何を聞いても、それなりに丁寧に答えてくれる。
購入品なら、植え替えの指導もしてくれるとか。

値段の方は、当然ピンキリではあるけども、
キリの方はサラダ菜と大差ないのも良い感じ。

ピンの方は、どれもこれも凄い値段だけれども、
ベビーに数万出す爬虫類も似たようなもんかな。
運良く、ピンの方には興味も沸かなかったし。

そんなこんなで、いくつか買ってしまった・・・。
葉先が丸いのと三角のやつ。葉先が透明で
そこを光に透かして見ると、なんとも不思議。

う~ん、この沼にハマるのは危険な気がする・・・。
他のシーズンが始めれば気がまぎれるけども、
あと1か月半の間、我慢できるかなぁ・・・?

そういえば、池袋の西武屋上にある金魚屋の横に
この手のものを売ってる店があった気がする。
来年のHBMの帰りにでもちゃんと見に行くかな。

ただ、この世界も大陸側の影響が出てる様子・・・。

近所の店もセキュリティをしっかりやっていたし、
昨年、何度か大規模盗難のニュースも見た。
被害額も億単位だとのこと。派手にやるねぇ・・・。

なんにでも投機を始める大陸の膨大なエネルギーは
この先どの界隈まで食い尽くすのかねぇ?

2016ラスト [ぐだぐ駄文]

今年も残すところ僅かとなりました。
今年も多くの方に助けていただきました。
ありがとうございます。

金魚も亀も色々とありましたが、悪くない年でした。

来年は、金魚は今年と同じ交配で種親を増やしつつ
今年の検証交配で誕生した緋晶竜の固定化を目指します。
銀鱗和金も、もう少し体型を改良できればと思います。

近親交配で無理に量産すると、魚が弱化するので、
他の血を入れつつ魚の固定化をを徐々に進めていきます。

亀は例年通りの採卵と、ヤング個体の充実化を目指します。
ミツユビ、トウブ共に採卵までもう数段の位置まできたので
この先は無理させず、ゆっくりと成長させていきます。

昨年から始めた色変クサガメも親に使う駒は揃ったので、
数年かけて産卵サイズにまで大きくしていくだけです。
綺麗なアルビノが出てくれればと思います。

最後に、喪中につき新年のご挨拶は控えさせていただきます。

それでは。

IMGP0083.JPG

ゆっくりしよう [ぐだぐ駄文]

先週の師走の寒さがようやく過ぎ去りました。
週末はこの時期らしい晴天と気温に。

外亀はもう餌は食いませんが、気の向くまま日光浴をし、
半年間の冬眠へ向けた準備を着々と進めています。

最近は金魚も週1の水換えしかありませんし、保温組も
クサガメとイシガメとアルビノアカミミぐらいなもんだし、
これと言ったネタもない日々が続いている感じです。

とはいえ、寒い時期にネタになるものって

・魚や亀が食われた
・冬眠が上手くいかない。
・保温亀の調子が悪い

とか悪いネタが多いんで、ネタがないのはいい証拠です。
私も冬場はゆっくりしたいんで、冬眠可能な亀だけを
飼育しているわけですし。年中忙しいのは性に合いません。

ってなわけで、冬は更新頻度がガクッと落ちる時期です。
部屋も寒いんで、ネットもタブレットで見る程度になります。

今冬もコタツでぐだぐだしながらゲームでもして過ごします。
もう2年ぐらいはハコガメも産みそうにないしね。

前の15件 | - ぐだぐ駄文 ブログトップ