So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

とんぶり出てきた:開場 [カメ]

膀胱に若干の不安を抱えたまま、火蓋は切られました。
先陣を切る面々は流石に迷いが一切ありません。各々が
脇目も振らずに目当てのブースへと向かっていきます。

当然、うちのブース目当ての人はいないので、只々傍観。
ブースに光学迷彩が施されてるのかと思うほどのスルー。
最初の十数分は、面白い程に見向きもされませんでした。
まあ、自分が客でも興味がないブースは素通りだしね。

そして何より、人相がさほど良くないオッサン三人が、
ブースにふんぞり返って座ってるわけです。他の所は
ちゃんと立ってお迎えしてるのに。そりゃ誰もこねーよ。

でもまあ、そこは仕方ない。もう治せるレベルじゃない。
潔く諦めて、暫くふんぞり返って会場観察してました。

今年もいろんな格好の人がいてなかなか楽しかったです。
これだけ会場内の格好の振れ幅が大きいイベントってのも
あまりないんじゃないかねぇ?コスプレとか抜きにしたら。

そんな中、ブースの静寂を破ったのは、チビッコ軍団。
臆することなくブースに突っ込んできました。ここで、
無愛想なオッサン達の重い腰がようやくあがります。

この頃になると、お客さんの血走った感じも落ち着き、
徐々に物見遊山的な雰囲気が会場を包んでいきます。

そうなると、「なんか変なの売ってるな」って感じで
ブースに足を止めてくれる方々が少しずつ出てきます。
お客さんが来れば、オッサン達も無愛想なりに頑張り、
それぞれの品について薀蓄を語りつつ、捌いていきます。

ついで買いの需要を満たすには丁度いい品揃えの様で
思った以上にご購入いただけました。ありがたい。
ブログやインスタの読者から挨拶や差し入れなども頂き、
初参加ながら楽しい時間を過ごすことが出来ました。

本来なら個々にお礼すべきですが、連絡先も分からんし
ここでまとめて失礼します。ありがとうございました。

今回、亀以外は何が売れるかが全く分からなかったので、
傾向を掴むために、売れそうなものは何でも並べてみて
様子を見ていたんですが、かなりハッキリとした傾向が
出たので、来年はこの辺の経験も元に品を絞ります。

あと、誤算だったのは、お客さんが意外と途切れない。
亀の説明が出来るのは自分だけなので、ブースを空ける
事が難しい。合間を縫って無理やりトイレに行ったのと、
同じ島のタカさんの所に数分絵を見に行ったぐらいです。
だから全然、他ブースの品は見られませんでした。

やはり、ブースを見て回るなら、お客としていかないと
難しいですね。今年は来場者数も多かったので、余計に
そう感じました。でもまあ、出る方も楽しいしなぁ。

そんなこんなでバタバタしてたら、あっという間に閉場。
撤収は1時間しかなく、時間厳守なので、大急ぎで畳む。
16時半頃には車に詰め込んで、会場をあとにしました。

搬入口出たら、道路に警察車両が大量にあってビックリ!
そういえば、閉場間際に駆け込んできたお客さんが、

「デモのせいで来るのが遅れた」

とか言ってたなぁ。いやぁ、東京はカオスだねぇ・・・。

取りあえず、初参加にしては、三人とも楽しめました。
赤字も出なかったので、大満足の結果となりました。

また出ることが決まれば、よろしくお願いいたします!
nice!(1)  コメント(2) 

とんぶりに出てきた:夜明け前 [カメ]

とんぶりに出た疲労で魂が抜けてましたが、
ようやく戻ってきたので、記録しておきましょう。

まあ、最初に言っておきますが、画像は1枚も無い。
自ブースの画像すら撮ってない。バタバタしてたら
5時間経ってたってのが正直な感想ではあります。

じゃ、当日のバタバタぶりを振り返ってみましょう。

前日までに多肉と亀の梱包は無事に終わってましたが、
当日は4時起きです。メダカの梱包が終ってなかった。
急いで梱包してたら、袋破裂して服がびしょ濡れ・・・。
朝から運がない。なにやら嫌な予感がする・・・。

日が昇る前には自宅を出て、同行者の家へ。今回は
同行者が車を出すので、そちらに荷物を移して出発。

で、浅草についたのは9時頃。会場搬入は9時からなので
丁度いい時間に到着。車両搬入の際には事前申請が必要。
搬入口には大型の台車もあるので、搬入は非常にスムーズ。

搬入が終ったら、速やかに車両は移動させます。浅草は
パーキング少ないけど、少し離れれば比較的安い所も
あるので、そんなに駐車場探しは苦労しないみたいです。

会場はすでに机が並んでいたので、ブースの設営を開始。
ここで問題発生。物が多すぎて机の上に収まりきらない!
多肉だけで机が埋まる。完全に物量を間違えた・・・。
フロアど真ん中の島なので、ブースの裏も余裕がない。

苦肉の策で、多肉とデュビアを机の下と脇に無理矢理置く。
今回は両脇が使える場所だったので良かったけれども、
両側塞がれるブース配置だったら、終ってたな・・・。

来年への教訓1:持っていく量を半分以下に減らせ!

が我が心に深く刻まれました。それと意外と光が足りない。
丁度上に蛍光灯が無かったから、余計に物の色が出ない。

今回はコンセント希望しなかったけど、ハコガメとかも
出すことになったら、温度確保の問題も出てくるだろうし
電気系は必要かもしれないなぁ。開場前は意外と寒いし。

あと、今回は「重いかも」と思いつつ、水は持っていった。
これは正解だったと思う。容器が小さければ4リットルで
十分に足りたし、かなり手間が省けたような気がする。

設営終って一息ついたとこで、ブースに来ていただけた
方々と色々とお話。皆さん余裕持って設営終ってるねぇ。
来年も出られたら、物減らして、もっとゆっくりしよう。

そんなこんなで気が付くと会場30分前。挨拶行けてねぇ。
急いで6階に行こうと思ったら、5階会場前大混雑・・・。
人が凄い・・・。とんぶりってこんなに並ぶんだっけ?
アナウンスでは600人以上並んでるとか言ってたような?

急いで階段登ってみたら、6階会場前も大混雑・・・。
イベントの認知度は間違いなく上がってきてるねぇ。

で、亀連合のKazuさんにご挨拶して、トレード完全完了。
長い期間になりましたが、ありがとうございました。
新しい子たちも配合バッチリでした。凄い飼いやすい!

他ブースへは挨拶も出来ず、とんぼ返りで自ブースへ。
既に開場10分前。で、念のためトイレ行こうと思ったら、

「会場前、大混雑の為、開場時間5分早めますー」

とアナウンスが・・・。

来年への教訓2:トイレは余裕持って行っておけ!

が我が心に深く刻まれたところで、開場となるのです。

nice!(2)  コメント(0) 

気分よく楽しみたいもんですね [イベント告知]

いよいよ明日に迫りました。とんぶり2018。

東京は浅草の東京都立産業貿易センター台東館
5F&6Fにて、11月11日11時より開催されます。

5Fのほぼ中央、57番ブース「ととかめ屋と多肉植物」

にてお待ちしております。

インスタの方には以前に報告していたんですが、
今年はイシガメの卵が全回収できなかったため、
自然孵化となった卵が数クラッチ分ありました。

無事に孵化はしたんですが、残念ながら親亀たちに
結構な数を食われてしまいました・・・。

IMG_20181028_115700-486x648.jpg


そんな中から救い出された尾切れの個体が数匹います。
傷は塞がってますが、そんな個体を売るのもアレなので、
とんぶりにてブログ、インスタ見ている方限定ですが
早い者勝ちで1人1匹でプレゼントいたします。

で、ブログ等を見ているかどうかの判断としまして、
合言葉を載せておきますので、プレゼント希望の方は

「プレゼント希望です」

とブースで私に声かけください。合言葉を聞きますんで、

「オペルクリカリア」

とお答えください。言うのが恥ずかしい人は、メモ帳に
書いて見せてください。とりあえず、開場から2時間限定で
行います。2時間経過したら、適当に配布しちゃいます。

ブースには私以外に二名いますが、私は金魚のアロハ着た
非常に怪しい風体でいますので、間違えないと思います。

最後に1点だけ。私は楽しみたくてブースを出しています。
また、残念ながら商売に向いている性格ではありませんので、
無粋な方には無粋に、丁寧な方には丁寧に対応いたします。

では、明日。
nice!(0)  コメント(0) 

販売するミシシッピニオイガメについて [イベント告知]

とんぶりに持っていくミシシッピニオイガメです。

IMG_20181103_131048-486x648.jpg


配合のみで飼育していますので、餌付けに手間取る事は
無いかと思いますが、全ての個体の餌食いを確認している
訳ではありませんので、その点はご了承ください。

北米大陸の中~東部に広範囲に生息する小型の亀です。
水棲傾向が強く、ベビーは水草水槽のスネイル対策として
観賞魚店等でも一般的に販売されています。

最近は円安の影響や、アメリカのハリケーンの影響などで
以前に比べると輸入個体は価格が高騰しています。

小型でも比較的攻撃性が高く、顎も強いため、飼育の際は
噛み付かれないように十分にご注意ください。特に小さな
お子様のいるご家庭では管理にご注意ください。

ベビー飼育の注意としては、この冬に関しては冬眠させず、
最低水温20℃程度を維持して飼育することをお勧めします。

nice!(0)  コメント(0) 

販売するT+アルビノミシシッピアカミミガメについて [イベント告知]

とんぶりに持っていくT+アルビノミシシッピアカミミガメ
(100%ヘテロ含む)です。

IMG_20181103_130902-648x486.jpg


IMG_20181103_130848-648x486.jpg


北米大陸の中~東部に生息する中型で美しい亀です。
寒さに強く、繁殖力も旺盛で非常に丈夫です。

ここ数十年にわたって安価で飼いやすいペットとして
大量にばら蒔かれ、無責任な飼育放棄の結果として、
日本国内では外来種として非常に有名です。関西では
レンコン等において農業被害も報告されています。
皮肉なことに、原産国では保護の対象となっています。

現状では飼育を禁止、制限する法律は一切ありませんが、
一部の地域では、販売に届け出が必要になっています。

将来的には新規販売、飼育が禁止される可能性も0では
ありませんので、ご理解の上で購入をご検討ください。

特定外来生物に指定されたとしても、法施行前に飼育
されていた個体については、登録により合法的に飼育は
可能です。(ただし、移動や繁殖は厳しく制限されます)

慣れていない個体は威嚇行動を行うものもいますので、
噛み付かれないようにご注意ください。特に小さな
お子様のいるご家庭では管理にご注意ください。

100%ヘテロの個体につきましては、見た目はノーマルと
変わりありませんが、♂親が以下のアルビノとなっていて、
繁殖に用いるとアルビノ個体が得られる可能性があります。

IMG_20180908_140140-777x1036.jpg


アルビノ個体につきましては、個体ごとに色が違うので
気に入った個体をご購入ください。1匹多甲がいますので
その個体は、他の個体よりも価格を抑えて販売します。

ベビー飼育の注意としては、この冬に関しては冬眠させず、
最低水温25℃程度を維持して飼育することをお勧めします。

成長した個体については、屋外での飼育がベストですが、
アルビノの場合、屋内で飼育したほうが、肌が焼けず、
美しい状態を保つことが可能だとの意見もあります。

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -