So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

長い夏 [きんぎょ話]

ムシムシとした暑い日が続きます。まだ7月頭なのに。
このまま9月まで暑いのかと思うとクラクラしますね。

さて、久々に金魚の話でも。

結局、今年の採卵は以下のような感じに。

・高頭アルビノパール系
・出目高頭アルビノパール系
・パール系
・福ダルマ

和金系は今年は休むつもりではあったんですが、それ以前に
産卵のタイミングが合わずに、シーズンが終了しました。
玉黄金、青モミジもタイミングが合わずに終了。

パールはかろうじて一腹採れましたが、出来はイマイチ。
口唇変形や蛙頭も結構な数出ていて、なかなか難しいです。
とはいえ、去年ほど酷くもないのでなんとかなるかな?
今年も代の更新と割り切るしかない感じですね。

アルビノ系とアルビノ出目系は現在分離中の血統なので
それぞれで管理しています。ダクチロ系のエラ病がでて
2週間ほど魚が傷みましたが、現在は順調な感じです。
ただ、鰓捲れや尾捲れが出ちゃうのは仕方ない所です。

福ダルマは久々に採れたので育てていますが、数が減らず
なかなか大きくなりません。小さいうちの選別が難しい
魚種は狭小飼育には向いていないのかもしれませんね。
100円玉サイズになれば選別ポイントも見えるんですけど。

ただ、まん丸のモミジ福ダルマは本当に綺麗な魚なので
見ていると癒されるんですよねぇ・・・。
nice!(1)  コメント(0) 

一日でも早い復興を [カメ]

先週後半からの天候不順はようやく落ち着いた感じです。
台風も大陸の方に抜けそうなので一安心でしょう。

今回の豪雨の被害にあった方々にはお見舞い申し上げます。
数年前には我が県でも大規模な水害が発生しましたので、
身近な災害として認識しており、他人事とは思えません。

今回の被害では土砂災害も多く、復旧には時間がかかると
思いますし、浸水被害が大きかった場所では、泥の処理や
家屋の洗浄といった作業も重なるかと思います。

暑い中での作業になると思いますが、ご自愛ください。
また、衛生面にもご注意ください。

さて、駄文として亀の話でも。

今年は厳冬の影響で多くの亀を殺してしまいました。
その影響がどう出るか心配していましたが、3月からの
陽気が非常に暖かかったおかげで例年通りの採卵です。

どの種も1クラッチ目が終了し、2クラッチ目が8月前半まで
続くものと思われます。この時期になると、卵も発生が進み
無精卵や発生停止卵の除去等も行わなくてはいけません。

我が家では基本的に、産卵から2週間ほどで1回目の検卵をし、
同クラッチの卵と発生具合を比較します。白濁が進んでいても
血管の発生が見られないものや、胚が確認できないものは
カビや腐敗による破裂の可能性もあるので、早めに外します。
ただ、外した卵も完全にダメになるまでは様子を見ます。
以降は週に1度程度のペースで様子を見ていきます。
(発生が遅い種もあるので、その辺は臨機応変に)

IMGP0074.JPG


孵化直前に卵にカビが出たりする場合もありますが、検卵で
中身が生きているならば孵化する可能性はあるので、カビを
石鹸で洗って様子を見ます。

今年は早々にカビが出たクラッチの産卵床に試にお茶を入れて
みました。カテキンによる殺菌効果で今のところは良い感じです。

孵化直前に卵が凹むことも良くありますが、単なる水不足で
あることが多いので、床に水を足してやるか、湿らせた水苔を
卵に被せてやれば数日で膨らむことが多いです。

あとは、途中で卵の上下を間違えないことです。回収直後に
印をつけて上下を分かるようにしておけば、不慮の転卵にも
対応できるので、面倒がらずにやっておくことをお勧めします。

nice!(1)  コメント(0) 

惨憺たる様相と一歩前進の話 [ハコガメ]

西日本の大雨被害は尋常ではない規模となってしまいました。
工場の爆発なども発生し、被害の全貌がいまだに見えません。

かなり文明の発達した現代でも、人間は天災の前では無力です。
たかが雨と思わず、早めの非難が命を救うこともありますので
お気を付けください。新たに発生した台風の進路も気になります。

さて、先日ふれたトウブの件です。見るに堪えない画像も
あるかもしれませんので、これ以降は自己責任で閲覧を。

続き


nice!(1)  コメント(0) 

良い話と悪い話 [ハコガメ]

台風の影響で暑さは和らいでいますが、明日から数日は
所によっては歴史的な降雨量が予想されているとのこと。

最近は50年に1度とか言った表現はよく聞きますが、
歴史的と言われるとかなり危険度が高いように思います。
用心に越したことはありませんのでご注意ください。

さて、良い話と悪い話でも。

良い話は、ミツユビハコガメが卵を持ったみたいです。
ここ数日餌食いが悪いので確認してみたら卵の感触が。
2011CBなので抱卵まで7年かかったことになります。
無事に産卵してくれるといいんですが。

悪い話は、トウブハコガメの症状が進行していることです。
近々詳細を書きますが、ほぼ全身に症状が出ています。
良い方向になる未来は現状見えませんね。

まあ、そんな感じです。とりあえずは雨風にご注意を!

nice!(2)  コメント(0) 

梅雨明け!? [きんぎょ話]

連日の真夏日で梅雨はどこに行ったと思っていたら、
まさかの6月中に梅雨明けとなりました。早いよ!

今年の梅雨は20日ほどしか無かったってことですかぁ。
去年のようにこの反動で夏が冷えなきゃ良いんですが。

さて、この時期金魚の調子が悪いときに使う薬について
先日書きましたが、あの薬使って1~2日くらい経っても
魚に変化が無い場合は、とっとと水を換えてしまい
マゾテン等の殺虫剤に切り替えてみるのも手です。

この時期の調子の悪さは、カラムナリスのエラ病か
ダクチロギルス等の吸虫によるエラ病が多いんですが
魚が小さいと鰓を見ることも難しいので、両方を疑って
対応する方が予後がいいように思います。

先にエルバージュ使うのは、カラムナリスによるエラだと
進行が速くて、下手すると数日で全滅するからです。

最近はエラ病というとカラムナリスの方がメジャーですが、
基本的に昔から言われているエラ病は吸虫由来のもので
塩入れて高温にすれば治ると言われてるのはこっちの方。
まあ、いい薬があるんで薬使ったほうが良いです。

この時期越えれば水温もぐんと上がって、色も調子も
上がってくるんで、きちんとケアして夏を迎えましょう。
今年はもう十分に暑いですけどね・・・。
nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | -