So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっと遅れ気味 [きんぎょ話]

イベントが重なる時期です。今週末は分かるだけで4つの
イベントが近所で行われてます。車社会なんで大渋滞です。
毎週末花火の音が聞こえるし、田舎の夏は何かと賑やかっす。
最近は虫の声も大きくなってきましたねぇ。

さて、金魚でも

この2週間で大半のハネ整理が終りました。今年は
例年よりかなり育成が遅れているので魚が小さい。

2~3週間ぐらいは遅れてます。来春は親にならんかも。
まあ、親の数はいるんで特に問題はありませんけども。

三色和金

IMGP0077.JPG


2年連続でまともな魚が出来ていないので、ジリ貧ですね。
尾付けを無視すれば魚はいくらでもできるんですが、
尾の下がった和金はカッコ悪いので、親に使えません。
ここの改良が進まないと数が出来ないのが痛い・・・。

パール

IMGP0062.JPG


思った以上に残っているので、駒には困らない感じ。
ただ、柄はイマイチなのが多いような気もする。

IMGP0061.JPG


今年はいつもの系統と仕込みした系統の2本立て。
2枚目が仕込み系統。丸くないのも多いかな。
2系統ともこの倍の数が現状残ってる。

出目パール

IMGP0078.JPG


初期の育成ミスで鰓が浅く成長が鈍いのが多すぎてダメ。
僅かにいるまともな魚を生かすためにダメな魚も残してる。

IMGP0064.JPG


アルビノも秋まで生きるのは片手位じゃないだろうか?
来年は採卵時から気を付けて薄飼いしないとなぁ。

青モミジ

IMGP0059.JPG


こいつらだけは問題なし。水槽に入れて暫くすると見違える。
上見で楽しむ魚じゃないのは確か。明るい水槽で横見が良い。
nice!(1)  コメント(0) 

食ってるねこれは・・・ [めだか話]

夜の風が既に秋っぽい感じになってて少し不安・・・。
もう少し暑いままでいてくれないと色々と困る。

放置していたメダカの稚魚容器。ホテイ草が増えたので
間引くついでに確認すると・・・、ほとんどいない。

ん?老眼か?と思って、よ~く見てもやっぱりいない。
孵化直後のメダカはオタマジャクシの餌になった様子。
週末にでもオタマジャクシを排除して再セットだな。

まあ、第一陣として採ったメダカは充分に残ってるから
代はつなげるけど、最近、欲しがる人も多いからねぇ。

秋までにもう少し殖やしときましょうかね。

本気でメダカやってる人はヤゴと蛙にご注意を。

おまけ

先日入手のハオルチア

IMGP0056.JPG


クーペリー系の交配種。白斑で姿が良かったので購入。
フキノトウみたいで、現状見栄えはイマイチだけども。

IMGP0055.JPG


今は根なし。届いた時は根があったけど、ダメそうな
根だったんで思い切って切り捨てた。輸送中に根が
カピカピになってるのは良くあることだし。

ハオルチアは根がなくてもそう簡単には枯れない。
葉に貯めた水分で耐え忍び、2週間ぐらいで根を出す。
葉と茎が腐らない限りは悲観しなくていい丈夫さがある。

このまま間延びせず、根付いて綺麗に膨らんでくれ。
かなりの美人さんなるはず。仙女香に似てるかな?
nice!(1)  コメント(0) 

今シーズン初だけど [カメ]

8月なのになんか曇ってばっかりの日が続きます。
今の時期、夜になると肌寒いなんて珍しい。

この時期はもう少し暑くなってくれないと
米の出来が心配になりますねぇ・・・。

さて、今年初の孵化です。

IMGP0052.JPG


ミスジドロガメです。とはいっても産卵は
昨年の10月中旬。9か月もかかりました。

冬の間も26℃ぐらいで保管してたんですが、
一向に腐らずカビも出ず、血管も出ずで過ごし、
6月頭頃に確認すると血管が出てました。

休眠解除に手間取るとこんな感じになるのかな?
まあ、出てきたんでほっとしてます。

6月中に産卵については8月中に出てくる感じなんで
そろそろベビー用の準備もしないといけないな。

オブツーサのサイズ感 [ハオルチア]

ヤフオク見てて思うのは、物の画像だけじゃサイズ感が
掴めないってこと。特にオブツーサが分からない。
だから、ものすごく買いにくい。

1粒がどのくらいのサイズなのかって買う側からすると
結構大きい情報なんですけどね。

例えば

IMGP0042.JPG


これと

IMGP0043.JPG


これ

こんな感じの画像だとサイズ感が分かりにくいけど、
並べると・・・、

IMGP0045.JPG


これだけ違う。で、大きいほうのオブツーサは
グリーンフォームと言われるタイプで葉幅は最大で
30ミリ程度になるかなりの大型タイプ。窓が小さく
葉も丸い感じじゃないのであんまり人気はない。

ちなみに、うちのオブツーサのサイズを並べると

IMGP0046.JPG


さっきの小さめオブツーサですら、実際には大型オブで
流通してたりするサイズ。一番小さいのがトルンカータとか
イクラとか言われてるタイプだと思う。

サイズも質感もバラバラ。同じ様な形でもこれだけ違う。
小型のタイプのほうが窓が大きく透明感があるので
オブツーサとしては人気が高い。大きくて綺麗な
オブツーサもあるらしいけど、入手は困難。

色々と交配が進んでるので、原種が違うとかの話を
されても困るけど、一般的なオブツーサってだけでも
これだけ色々ありますよって話です。

口唇変形や鰓の浅い金魚について [きんぎょ話]

ここ何年か、毎年のようにこの手の魚が出ているため、
こいつらに関する経験はどんどん蓄積されていきます。

これらの異常は後天的な要因によるもので、
孵化後1か月程度の飼い方が下手だから発生します。

主な原因は

・酸素不足

だと思います。酸素不足に陥る原因はいくつかあって

・密飼いによる酸素不足
・高温による酸素不足
・水替えの遅さによる酸素不足
・餌のやりすぎによる酸素不足

って感じです。口唇変形は餌の摂取に問題が出るので
徐々に成長に遅れが出たりします。鰓が浅い魚は酸素不足に
弱く、ある時期を境に成長速度がぐっと落ちてきます。

これらの魚には他にも外見的な特徴があって、

・目先が出ない
・頭と胴の区切りにくびれが出やすい
・頭が大きい

といった感じです。非常に不格好な魚です。品種に関係なく
この特徴が出ますんで、自分の下手さが良く分かります。

1度出たら治ることはないんで、その腹については諦めましょう。
僅かにまともな魚も出るんで、それらに掛けるしかないかな。

今年は欲張って仔を採りすぎた出目系に出てしまって
がっかりです。