So-net無料ブログ作成
検索選択

こっちも出てきた [カメ]

昨日の夕方は物凄い雷雨でした。近所に何発も落ちたし。
幸い短時間で済みましたが、低いところは店舗への
浸水もあったようです。アスファルトで覆われた場所ほど
排水が追いつかずに溢れるみたいですね。

来週中盤からは天気も少しはマシになりそうですが、
ここまで悪い陽気が長引くとどうにもなりませんねぇ。

そんな中ですが、続々とハッチが続きます。

IMGP0097.JPG


T+アルビノアカミミガメです。1匹目が黄色とは縁起がいい。
今年は何匹出てきますかね?
nice!(1)  コメント(0) 

無事に出てきた [カメ]

東京では16日連続の雨だそうで。40年ぶりだとか。
そりゃ記憶にないはずだわ。来週あたりから少しは
マシになるようなんで、それに期待しましょうかね。

このまま冷え込んだら、金魚にも亀にもハオルチアにも
良いことはなさそうだなぁ・・・。難しい。

さて、待望の仔が無事にハッチしました。

IMGP0093.JPG


極小の卵から出てきたキボシイシガメです。
Wikiによると卵の長径は25~38mmとのことですが、
うちのは、小さい方の卵が25㎜で最小サイズでした。
無事に卵を割る体力はあったようですが、あまり
生気を感じない・・・。とりあえず数日は養生だね。

実は、ベビーから育てた亀が産卵、繁殖にまで
至ったのは今回が初のことでして、感慨深いです。
自分なりにキボシを理解するのに手間取ったので
かなり苦労した亀なんですが、まあ、一息つきました。

殺さずに飼育するだけなら簡単な部類の亀ですが
綺麗に飼うとなるとそれなりのコツがいりますね。
まあ、どの亀にも言える事なんでしょうけども。

ミツユビの方が早く産むかなと思ってましたが、
キボシの方が1年早い繁殖となりました。
ミツユビもようやく交接するようになったんで、
来年こそは吉報が届くかもしれません。

初産ですし、卵も小さいので、無事に育つとは
思っていませんが、来年へ向けた勉強のつもりで
全力で立ち上げていこうかなと思っとります。

nice!(0)  コメント(2) 

やなかんじ [カメ]

最高気温が35℃超えた翌日の最高気温が25℃とか
物凄く不安定な陽気が続いています。

今日は久々に日が出て30℃超えましたけど、明日からは

tenki.jpg


この調子・・・。こんなに晴れない夏は珍しいです。
来年の亀の産卵に早くも暗雲が立ち込めております。

そんな中、連休を利用してまた飼育設備を改造中。
1年通して様子を見て、ダメなら再構築を繰り返し。
毎年、どこかには手が入ってる気がします。

あ、今年は早めに孵化が始まりました。

IMGP0088.JPG


イシガメです。いつもは♂目当てで低温管理なんで
もう20日ほど遅いですが、今年はキボシを♀にしたくて
1か所は♀狙いにしていたので早めに出てきました。

うちは涼しい場所のようで、インキュベーターなしでも
それなりに♂♀の産み分けが出来てるようです。
まあ、買う金がないだけですけどね~。
nice!(0)  コメント(0) 

今シーズン初だけど [カメ]

8月なのになんか曇ってばっかりの日が続きます。
今の時期、夜になると肌寒いなんて珍しい。

この時期はもう少し暑くなってくれないと
米の出来が心配になりますねぇ・・・。

さて、今年初の孵化です。

IMGP0052.JPG


ミスジドロガメです。とはいっても産卵は
昨年の10月中旬。9か月もかかりました。

冬の間も26℃ぐらいで保管してたんですが、
一向に腐らずカビも出ず、血管も出ずで過ごし、
6月頭頃に確認すると血管が出てました。

休眠解除に手間取るとこんな感じになるのかな?
まあ、出てきたんでほっとしてます。

6月中に産卵については8月中に出てくる感じなんで
そろそろベビー用の準備もしないといけないな。

色々と予想外 [カメ]

ここ数日は曇り空が続いています。梅雨明け後に
梅雨らしい陽気となっています。涼しくて良いけど。

昨日の晩飯に出てきた平打ちのトマト味パスタが
やたらと旨かったんで、「旨い、旨い」と食ってたら
98円の冷凍食品でした。良い時代になったもんだ。
貧乏舌は外食しなくても良くなっちゃうねぇ・・・。

さて、今日は亀でも。

IMGP0039.JPG


自家産2014CBのT+アルビノアカミミの♀が産みました。
こんなに早く産みだすとは思ってなかったんで、
産卵床も設置せずに飼育してました。気が付いたら、
陸場の石の隙間に結構な数が転がっててビックリ。

IMGP0039.JPG


朝に気づいたんで大丈夫だと思うけど、どうだろう?
回収した時にはかなり凹んでたのもあったし。

ハコガメはいつまでたっても産まんのに、早いね。
一応同い年の♂は入れてあったんで、どうなるかな?

ただ、卵は親の体に合わせて小さいので受精してても
育つかどうかは微妙なとこです。親と比べたらこの差。

IMGP0041.JPG


アカミミガメの繁殖力を思い知らされた日でした。
3年で親ならそりゃいくらでも増えるわ・・・。

イシガメ [カメ]

久々にイシガメでも。今年は板の上に産む個体を広い場所に
移したら、どこに産んだか分からなくなってしまいました。
まあ、20個ぐらいは回収できてるんで十分ですけども。

昨年作ったイシガメ牧場も水場を大きく。

IMGP0026.JPG


80型を180型に変えました。水量も十分です。
水場の上に日光浴が出来る場所が増えたので、小さい亀も
良く日光浴するようになりました。メダカやザリガニも
入ってるんで、時間をかけてビオトープ化していくでしょう。

最初に作ったイシガメの飼育場所も、木材が傷んできたんで
あぜ板を使ってリニューアルしようと思ってます。

この時期のイシガメはピカピカしてていいです。

IMGP0027.JPG


いつもは苔で黒ずんで見えますが、洗えば綺麗な黄色が。

IMGP0028.JPG


十分なサイズに見えますが未だに産まない♀。
イシガメの性成熟は意外と時間がかかります。

IMGP0030.JPG


毎年生んでいる♀。毎年きちんと土に産む優等生です。

IMGP0031.JPG


数年前のCB。♂は比較的早く親になりますけど、
♀は何年かかるか分かりません。

イシガメは性差が大きい亀なんで、飼育スタイルで
♂を飼うか♀を飼うか変えればいいと思います。

1匹で屋内でのペット飼育なら、綺麗な♂が最高だし、
屋外の池で年中放置するなら、♀のほうが丈夫です。
♂はどうしても冬場に頑張りすぎて死ぬのが出ます。

綺麗な亀ですが、乱獲による減少もありますし、
アライグマによる被害もかなりあるとのことです。

未だにアライグマの補殺を可哀想だという人もいますが
こいつらによる被害を知らないんでしょうかね?
ミドリガメ以上に駆除に力を入れるべき種なんだけど。
子供が襲われたりしたら命が危ないんだけども。

まだ、アライグマがペットとして流通していたころ、
アライグマにリード付けて散歩してた人が、何かの拍子で
そのアライグマに襲われて気付いたら病院のベットの上って
話も実際にありましたし、本当に危険な動物なんですよ。
見かけても近づいたり餌やっちゃダメですからね。

初産卵 [カメ]

夜も寝苦しくなってきたので、そろそろ梅雨も明けるかな。

さて、亀でも。

キボシイシガメ

IMGP0002.JPG


ついに産卵となりました。昨年♀1匹に逃げられてしまい、
かなり凹んでいましたが、残りの♀が2個産んでくれました。
まだ小さい個体なので、卵も小さいし形も変ですが、
とりあえず受精はしている様子。初産なので仔が育つかは
怪しいですが、とりあえずホッとしています。

ベビーから育てた個体が産卵に至るってのはなかなか
感慨深いもんです。キボシは他の亀とはちょっと違う
感じもあって、何かと苦労しましたし。

うちは♀不足なんで、今回は♀狙いの温度で管理中。
9月の頭頃には結果が出てるかな?

上に見えるのはミスジドロガメの卵です。こっちは
2個産卵で1個しか発生してません。なかなか難しい。

にぎやかな夜 [カメ]

今年になって庭にアマガエルが住み着いたようで
周りに水場もないのに我が家だけカエルの合唱が。

子供の頃は近くに田んぼがあったので、毎晩のように
カエルの大合唱を聞いていましたが、久々に聞いても
何の問題もなく眠れるもんですね。

さて、なんかバタバタしててブログもほぼ放置です。
金魚の選別も亀の産卵も順調に進んでいます。

金魚はとりあえず、どの魚も2回目の選別まで終了。
まあ、秋まで魚は残りそうな出来なので一安心。

亀のほうは

・アカミミアルビノヘテロ:2クラッチ
・イシガメ:2クラッチ回収、1クラッチ未発見
・クサガメ:1クラッチ
・カブトニオイガメ:1クラッチ

って感じです。問題なく例年通りに進んでいます。

まあ、そんな感じです。

苦渋の決断 [カメ]

現在、色々とバタバタしとります。
そんな中でも生き物たちは元気にしてます。

ただ、今後のブリードに関しては少し縮小を
していかないといけない状況になりそうです。

やはり、ハネや余剰仔の大口引き取り先が
不透明な感じでして、魚は自家系統の維持を
軸にするため、

・玉黄金は完全撤退
・福ダルマは累代繁殖のみ

として、パール、緋晶竜、銀輪和金(久慈錦)の
ブリードをメインにします。

亀に関しても、T+アルビノアカミミのヘテロ親や
イシガメペア、カブトニオイガメペアの放出を思案中
(イシガメは数居るので規模を縮小するだけですけど)

梅雨入り [カメ]

この辺も梅雨入りしたようです。嫌な時期だ。
そんな中、アルビノヘテロの産卵がありました。
あ、亀ですよ。ミシシッピアカミミガメ。

規制がどのように入るか不透明な中で下手に増やしても
自分の手で殺さなくちゃいけない可能性もあるので、
モヤモヤしてますが、卵詰まりを起こされても嫌なので
無事に産卵して一安心です。今年も数クラッチ産むかな。

亀の産卵が始まったんで、金魚の採卵は終わりにして
亀の孵化容器をセットしなくちゃいけない時期だな。
そろそろ金魚から亀に気を向けていく感じですかねぇ。

ハコガメとかは探ってみてもグリグリしないんで、
やっぱり今年はまだ早いみたいです。もどかしい!

見てきた [カメ]

うだるような暑さの中、東レプに行ってきましたよ。
数年前と違って2フロアになったおかげで、非常に見やすく
通路も広くてゆったりとした雰囲気で楽しめました。
午前より午後の方が会場は賑わってた感じですかねぇ。

生体の方は、2日目とあって「まあ、こんなもんかな?」
って感じでした。キレーネリクガメがかなりの数いたのと、
吉岡さんの極美フロリダが見られたのは良かったかな。

全体的な値上がり傾向はまだ続いてる感じでしたけども、
アカミミの色変とかはもう手を出す人が減ったみたいですね。
数年前の高値が嘘のような価格で2日目も並んでましたし。
クサガメ色変もT+に関してはかなり落ち着いてきたかな。

ノドジロとハナナガで買おうかどうか迷ったのが3匹程
居たんですけど、2日目午後でも売れてないのを見て
なんか冷静になってしまって見送りました。

イベント会場特有の鉄火場の様な雰囲気が全くないもんで
自分的に勢いが付かなかったのが原因でしょうかね?

まあ、会場のことより、会場外のバッチ乙女軍団の方に
気が行ってしまって、あんまり覚えてないっす。

あの炎天下の中でバッチの交換に数百人の乙女が夢中に
なっているをみて、なんか物凄いパワーを感じました。
あの雰囲気が会場内にあったら勢いついてたろうなぁ。

そんな感じで会場を後にして、あとは西武屋上の多肉屋とか
有名な中古屋とか、かねだいを巡って帰りました。

多肉屋は地元の店の方が面白味があって好きかも。
中古屋やかねだいとかは、やっぱり都会の店だけあって
田舎にはない在庫と価格で最高に良かったです。

イベント会場で生体買った仲間は凹んでたけどね・・・。
同じものが、かねだいでほほ半値で売ってたから・・・。

久々にいろんな情報が頭に入って楽しかったです。

微妙に寒い [カメ]

4月上旬の暖かさも今になって落ち着いた。
早めに起きだした亀達も戸惑い気味の様子。
早いとこ暖かくなってくれぃ・・・。

冷えのせいか金魚の方もまだ産卵の兆しはなし。
この感じなら例年通りのGW産卵ってとこかな。

さて、何回かに分けて冬眠明けの亀でも。

IMGP0039.JPG


T+アルビノアカミミガメ

今年は屋外で完全冬眠させました。異常なし。
徐々にアカミミらしくなってきました。

IMGP0040.JPG


右側の♂はなんか甲の雰囲気が違う。
縁甲板の黄色が飛んで白っぽく抜けてきた。

どんどん抜けて真っ白になったら面白いのに。
他の2匹にはない特徴なので、♀親に戻し交配
してみるのも面白いかもしれない。

鼻づまりに注意! [カメ]

4月にしては妙に暖かい日が続きます。
この陽気で外亀もお目覚めです。

まあ、大抵の奴らは問題なく起きてきますが、
ちと調子が悪そうな個体もいたりします。

そんなときにまず注意してみてやる所は

・鼻の穴

です。問題なく越冬した個体は綺麗な鼻の穴で
きちんと鼻で呼吸していますが、妙に日光浴が
長い個体なんかは、鼻の穴が塞がってしまい、
口で呼吸していたりします。ヤバい状態ですね。

速攻で獣医に見せられるなら良いんですけども
なかなかそうもいかないので、応急処置として
まず、鼻の部分を綺麗にしてやりましょう。

大抵はかさぶたが鼻を塞いでいるので、それを
除去してやります。大抵、血や膿が出てくるので
それを水で流して綺麗にします。

鼻の中に血が溜まっている時もあるんで、可能なら
鼻にゴムチューブでもくっつけて、鼻の中の汚れを
吸い出してやると調子も上がりやすいです。

あとは獣医に診せるなり、暖かい場所で養生して
様子を見ていきます。

この応急処置が出来るか出来ないかが生死を分ける
事もありますんで、参考までに。

いつかは取らねばならんのだ [カメ]

この1週間で朝の冷え込みがかなり緩くなりました。
桜の開花もこれで一気に進んでくれるでしょう。
とはいえ、4月の気候は変わりやすいので、この先も
暫くは気が抜けない時期が続きます。

魚も亀も徐々に動き出す雰囲気を見せ始めたので、
今年もそろそろ自分の体を起こしはじめないとなぁ。

さて、本題にでも。

数年前から「いつからやねば」と思いつつ、先延ばし
していた業登録へ向けて、重い腰を上げております。

現在、犬猫の業登録に関しては書類も増えましたし、
役所にしてもそれなりの設備を要求してくるようです。

ただ、私の様な爬虫類系の趣味人間が、店も構えず、
法令に則った理由で登録をしようとする場合であれば、
なんとか認めてもらえそうな感じとなっております。

登録の際にネックになるのは、

・資格の取得(もしくは実務経験)
・専用の給排水ラインの確保
・屋内の場合、床や壁の材質
・登録費用
・登録と検査のための平日休暇

って所でしょうかね。まあ、我が県の担当さんは
意外と前向きに相談に乗ってくれたので、手間さえ
惜しまなければ何とかなる感じでしたね。

とりあえず、梅雨前までには登録できるような感じで
事を進めております。今のところ順調かな?

まあ、登録したからといって、イベントに積極的に
出ていこうといった気もないので、その辺については
全て亀の産卵にお任せといった感じですかね。

通販とかもやる気はありません。あしからず。

無事に登録が終われば、またご報告しますね。

成長スイッチ [カメ]

日が伸び、地温が溜まり始めた感じがします。
朝晩の冷え込みも徐々に緩み始めそうです。

冬場は閑散としていた庭にも福寿草が咲き
徐々に春に咲く花々の芽が伸び出しています。

冬場は魚の管理がない分、手持無沙汰になりますが
他の趣味に手を出すと夏場に地獄を見るので我慢。
自分の集中力にも限りがありますからねぇ。

そんな中で唯一の楽しみと言えば亀ベビーの成長。

ここ何年か、トウブ、ミツユビ等のハコガメや
クサガメ、イシガメ、ミドリガメ等のミズガメを
伸ばしていますが、どれもよく伸びますね。

ただ、イベントなどで買ったベビーの場合、俗に

・成長スイッチ

と言われるものが、イベント出品や環境の変化で
一旦OFFになってしまうことがあるので、一刻も早く
このスイッチをONにしてやる必要があります。

で、この成長スイッチの正体を読み解いてみると、
実際には3つの課題がクリアできているかになると
個人的には解釈しています。

1.いかに早く、他所の環境で育った個体を自家環境に
 慣れさせるか。

2.消化、吸収の良い餌を食わせ、排泄をさせるか。

3.代謝を上げ、ノンストップで成長線を出せるか。

1と2は要するに「立ち上げ」が上手くいくかですね。

「WCに比べたらCBの立ち上げなんて楽勝じゃねーか!」

と思われる方の方が多いでしょうが、実際には
ハコガメなんかは結構失敗例も聞きますからね。

1.について大事なのは、最初はとにかく安静にすること。
人の動きや物音を極力シャットダウンしてあげます。
さらに、温度や湿度を高めにして十分に養生させます。

最初から見た目良く飼おうとすると大抵失敗します。
写真映えなど気にせず性能重視でいきましょう。
写真なんて個体が落ち着いてから撮ればいいじゃない。

2.について大事なのは、食うだけでなく、出る物にも
意識を向けることです。要するに糞の確認ですね。
与えたものがそのまま出てくるようでは厳しいです。
きちんと消化されなければ身になりませんので。

食いつきが良くても、実は消化が悪い餌なんてのも
実際にはありますから、糞の確認は大事です。

3.についてはベストな環境をいかに維持できるかです。
冬へ向けて保温、保湿能力に十分な余力があるか?
設備の故障をいち早く察知できる状態かどうか?
万一の故障時に向け、予備品が確保してあるかどうか?

保温、保湿能力は24時間常に維持できてこそです。
窓際等は昼間は良くても夜間は冷え込みますから、
関東であれば保温器具は必須でしょう。

ベテランで飼育の上手い方に飼育法を聞いても

「特に何もしなくても、丈夫だから育つよ」

なんて言葉が返ってくることもありますけども、
あの領域の方たちは、無意識にこの辺をやってしまう
超人だったりするので、自分を含めた飼育の素人が
真に受けちゃいけませんよ。絶対にコツがあるんだから。