So-net無料ブログ作成
検索選択
穂竜奮闘記 ブログトップ
前の15件 | -

閉幕 [穂竜奮闘記]

そろそろ入梅しそうな感じになってきました。
暑く、じめじめした日が続きます。

今年はやはり動物達の季節も早いようです。
先日からイシガメが産卵場をウロウロし始めました。
抱卵も確認できたので、中旬ごろには産むかも。

金魚の方は早い組はすでに粒餌を食べているし、
遅い組はようやく泳ぎだした段階です。

現時点で未だに福ダルマだけが採卵できていませんが
まあ、2歳に良いのが揃ってるんで特に気にしてません。

穂竜、変わり竜に関しては、2013、2014と越冬に失敗し、
2歳や親魚を大量に失ったうえに、昨年は梅雨時に病気で
当歳のほとんどをダメにしたため、1匹も残りませんでした。

今年も親が老齢であるため、まともな採卵はできていません。
ですので、非常に残念ですが純系での累代は断念しました。

苦肉の策で昨年より似た形質も持つ魚との交配を行っています。
形質や柄についてはほぼ似たような魚が出てきそうです。

とはいえ、純系で無い魚を穂竜と偽って育てるわけには
いきませんし、その様な魚を穂竜としてしまっては会にも迷惑を
かけるでしょうから、本年度は会費の入金を見送っています。

ですので、今後は当ブログにて出る魚は穂竜、変わり竜ではなく
出目高頭パールとして紹介していきます。

よって、「穂竜奮闘記」につきましては、これにて閉幕と致します。
短い期間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。

金魚飼育はこれからも続けますんで、よろしくお願いいたします。


穂竜&変わり竜 当歳 [穂竜奮闘記]

暑い日が続きますが、予報では梅雨明けは当分先
雨も昔のようにゆっくり降れば良いんですけどねぇ
最近はスコールのような雨が多いです。

さて、穂竜と変わり竜の当歳です。
残念ながら昨年の2歳は全滅しましたので、
去年の苦労は水の泡となりました・・・。

その分、今年の魚に期待したいところですが、
全体的な感じは昨年の方が上ですね。

IMGP1984.JPG


とはいえ、昨年不発に終わった変わり竜が採れたのは
不幸中の幸いでした。今年は管理に注意せねば。

IMGP1990.JPG


そこそこハネも溜まってきています。しかし、今年は本家の方で
分譲がしっかり出来ているようなので、特に募集はしません。
とはいえ、気になる方が居ましたら、メールにてご連絡ください。

変わり竜は既に予約が入っているので現状は無理ですが
穂竜であれば対応できると思います。

仕切りなおし [穂竜奮闘記]

今年の冬眠で大打撃を受けた穂竜達

全滅は免れたものの良い親魚はすべて殺しました。
どーにも穂竜に対する苦手意識が抜けません。

とはいえ、簡単に絶やしてしまうのは悔しいので
震災後、2度目の仕切りなおしですね。

とりあえず残ってる親は

IMGP1887.JPG


大きいのは4歳なんで引退させるつもりでしたが
3歳の大半が消えた今は使うしかない。

これ以外に2歳魚もいるんで、穂竜の駒は十分居ます。
変わり竜もなんとか数匹残りしましたが、充血が酷いので、
繁殖時期まで無事に行くかどうかも怪しいところ。

血は絶やしたくないんですけどねぇ・・・。

そろそろ [穂竜奮闘記]

春の陽気が数日続いたと思ったら、今日は雪が降ったし、
明日の最低気温は-5℃だそうだ・・・。落差が大きすぎる。

さて、ブログが現実逃避モードでしたがそろそろ現実を見ましょう。

残念ながら穂竜、変わり竜の不調は進行する一方でして、
毎週のように死魚を掬っては捨てています。

この時期にこんな経験は初めてなので気が滅入る一方でして
正直、金魚関係の記事は見るのも書くのも嫌になっています。

他の金魚が全く問題ないのがせめてもの救いなんでしょうが、
今の自分にはそれすら苛立ちの原因になっている気がします。

何が悪かったのかを自問自答しつつ昨年を振り返っていますが
これといった解決案が出ない状況も追い打ちをかけてきます。

まあ、穂竜の方は室内組もいますし、駒も居るので困りませんが、
変わり竜の方は、昨年の仔取り失敗が大きく響いてしまい、
虫の息の数匹を残すのみとなっています。

1匹でも残れば穂竜との掛け戻しをするつもりではいますが、
現状を見れば望み薄だと感じます。

こんな状況なんで、もう暫く金魚ネタを避けると思います。
ご理解ください。

明日は穂竜愛好会品評会 [穂竜奮闘記]

いよいよ明日、今年度の総決算である

穂竜愛好会品評大会

日時 :平成25年10月19日(第3土曜日) 雨天決行
受付 :午前9時より
開会 :午前10時
審査 :午前10時30分より
場所 :赤穂城跡 武家屋敷公園 (兵庫県赤穂市上仮屋)

が開催されます。私は今年もいけませんが
お近くの方は是非素晴らしい魚たちを見に行ってください。

IMGP1631.JPG


IMGP1633.JPG


画像は先週の水換え時に撮ったうちの2歳、3歳ですが
こんなレベルじゃない素晴らしい魚が並んでますよ。

去年は育成失敗でイマイチだった2歳もこの1年で成長。
来春はなんとか採れそうかねぇ?今年の当歳の予備だろうけど。

穂竜愛好会品評会 [穂竜奮闘記]

今日は入ってからも30℃近い気温でした。
日除けを忘れたら魚にダメージが出るとこだった。
台風も近づいてるようだし、今年の天気は本当に変だ。

さて、そんな中でも世の中は品評会の季節です。
穂竜愛好会の品評会も10/19と近づいております。

今年も自治会の仕事で行けそうにありませんが、
時間の合う方は世界一の穂竜を見る貴重な機会です。
是非「本物」を堪能していただければと思います。

品評会の参加や内容につきましては、
穂竜愛好会の敏腕広報であるinabou氏のHP

外虫魚図

に詳しい記事が載ってますのでご覧ください。

最後に、うちの穂竜はこんな感じです。

IMGP1621.JPG


IMGP1620.JPG


まともそうな3匹を撮ってみました。色はそこそこかなぁ?

来年の交配を考え、尾付け、パール鱗、色を最優先で残してたら、
マクレ尾の魚ばっかりになってました。今年も会魚0です・・・。
いつになれば会魚作れるんでしょうかねぇ?


これが限界 [穂竜奮闘記]

暑い日が続きます。昨日がヤマだったようですが、
まだまだ魚を飼い込むには暑いようです。

会を目指して死線ギリギリの飼育をしていないのであれば
この時期は餌も控えめにして生体維持を優先すべき

水温の上昇で酸素溶解度もグッと下がりますから
ガス抜きも兼ねて新鮮な空気を水面に当ててやりましょう。

さて、今年はまともに魚の写真を撮らずにきましたが
穂竜ぐらいは頑張ってみようと思い、今朝撮影に挑みました。
カメラ自体がボロいのでこの辺が限界かねぇ?

IMGP1498.JPG


IMGP1487.JPG


IMGP1486.JPG


IMGP1482.JPG


IMGP1472.JPG


まあ、まともな魚が少ないので瑕が少ないものをチョイス
その中でも明るい魚を中心に撮って見ました。
随分と穂竜らしさがでてきたと思います。

冬眠前までに体長5cm超えを目指して育成中です。

ってか、育成は好きだけど、撮影は嫌いってことに気付いた。
だからイベントとか行っても撮影しないんだろうな。納得した。
好きなものしか興味が無い人間には辛い作業です・・・。

祭り渋滞発生中 [穂竜奮闘記]

今週末は色んなイベントが行われてますねぇ

爬虫類界は最大の祭「ジャパンレプタイルズショー」
音楽界は三大フェスの一つ「ロックインジャパン」
我らが県庁所在地では「水戸黄門祭り」

このうち2つが近所でやってるもんで、身動きとれず。
年に1度の祭りだから、みんな楽しんでおくれ。

Jレプは行きたかったけど、この時期に遠出は無理。
なんだかんだで金魚の管理の方が大事だしねぇ。

さて、ここ暫く天気が悪くて画像が撮れませんでしたが
久々に晴れたんで、穂竜を何匹か掬って見ました。

IMGP1432.JPG


・・・うーん。画像ではあの色がでないのは腕のせいか?
去年に比べたら今年のは「穂竜」って感じなんですけどねぇ?

みっちり食わせるような温度にならんものでやや細いですが
頭も出そうな顔つきなんで、来年の今頃には仕上がるかな?

ただ、今年は三つ尾ばっかりなんですよねぇ・・・。
尾芯が飛ばなきゃ尾が垂れなくていいんですけど、飛んだら終わり。
個人的には難しいけど四つ尾の方がすきなんですけどねぇ。

分譲に回すのも柄のレベルとしては同じようなもん出したんで、
そんなに酷いのは入ってないと思います。

変わり竜2歳 [穂竜奮闘記]

今日で6月も終わり、早いもんです。

さて、久々に変わり竜の2歳でも

IMGP1361.jpg


3月にこのサイズにしておけば産んだんでしょうが
こればっかりは仕方ありません。来年リトライです。

出来るだけ良いものを [穂竜奮闘記]

まだ梅雨空が続きますが、晴れた日は夏の厚さですねぇ

愛好会の穂竜分譲は早々に締め切られたようです。
相変わらず本家の人気はすごいですね。
この調子で愛好家が増えてくれればと思います。

去年は施設になれずに初期飼育に躓き、大きく育てられず
2歳は結局産まないまま産卵シーズンが終わりました。

現状で今年最大の反省点は変わり竜が採れなかったことです。
昨年の親が全部食われた影響がまだ響いてますねぇ・・・。
見た感じ♀も1匹しかいないような感じで困ってます。
穂竜との交配は避けたいんですけど、来年は仕方ないかな・・・。

その分、穂竜の当歳はすこぶる順調なのが、せめてもの救いです。
心配していた柄落ちも今のところは杞憂に終わりそうですし。

昨年までは金が乗らない柄落ちはサイズ的に殺し辛かったので
金魚屋に出してましたが、今年からは亀の胃袋に入れています。
(柄が出る前に出した稚魚もいるので、多少は柄落ちもいるでしょうが。)

勿体ないと金魚屋には言われてるんですが、穂竜に関しては
以前から「下手なものは出したくない」って思ってたのでしょうがない。
その分、今年は良い魚を出して本物を知ってもらえればと思います。

自分で好き勝手やってる魚なら特にこだわりはないんですけどねぇ。
穂竜は作出者(会長)に対する敬意がありますから。

ま、品評会とかには出ない天邪鬼会員が何言ってんだって話ですが(笑)

会の分譲 [穂竜奮闘記]

とりあえずお知らせです。

愛好会HPの掲示板にて分譲予定が出ています。
右のリンクより飛べますので、興味のある方はどうぞ。

ただ、今回は愛好会会員限定のようです。
分譲種も穂竜のみとのことです。

この感じならば、今年は会の分譲もあるでしょうから、
うちからの分譲は昨年のように大々的にやりません。

うちも今年は変わり竜が採れなかったので、
来年ダメだったら変わり竜分譲には応募しないとなぁ。

色が出てくる [穂竜奮闘記]

穂竜も生後50日が経過して、それっぽくなってきた

IMGP1353.JPG


青地に金が徐々に乗り出してます。当歳ならではの色
この色がずっと維持できたらなぁといつも思いますね。

パール剥がすので滅多にやりませんが横も撮ってみた

IMGP1356.JPG


まあ、会魚クラスになると尾芯立ちとかも重要なんですが、
うちはまあ・・・、そこそこ泳げる程度なら問題なし。

とは言っても今年は弾数がまだありますから、
来年の親用には厳選したのが残るはず・・・、多分ね。

1月半 [穂竜奮闘記]

穂竜も1ヶ月半経過して随分それらしくなってきました。

IMGP1338.JPG


この時期にこのクラスだけに絞れてるんだから
短い飼育歴の中とはいえ、今年のは相当出来が良い。

会魚としては甘いのでしょうけど、自分には十分かな。
今年は柄落ちする魚が相当出そうだ。

1ヶ月 [穂竜奮闘記]

穂竜が孵化から1ヶ月経過
現状はこんな感じ

IMGP1329.JPG


選別前の画像ですが、これから3割ほどハネ。
今回のハネは殺すには惜しいので金魚屋へ。

後は柄次第だけど、今年は楽しめそうだ。

変わり竜は最悪、穂竜との後輩も考えねば。
代更新なしで終わらせるのは流石にまずいかも。

復調の兆し [穂竜奮闘記]

穂竜愛好会2歳会の様子は敏腕広報の「外虫魚図」にて
ご覧ください。良い魚を知れば変な魚は掴まずに済みますよ。
(右のリンクから飛べます)

さて、冬眠明けから調子を崩しに崩していた、穂竜&変わり竜2歳
黄色いのや青いのでも本調子にならず、イソジンもイマイチ・・・。
「こりゃあ虫かもしれんな」とリフィッシュ使ったら、即改善しました。

この季節で比較的被害が少なかったのを見ると、ギロダクチルスかな?
とは言っても片手以下で殺してはいるので、相変わらず未熟ですねぇ。

まあ、そんな感じなんで、今年の2歳の産卵はあんまり期待してません。
3歳も1腹採れた以降は特に見てません。今いるやつらで乗り切ろうとなると
昨年ほど分譲数は作れないと思いますので、会の分譲をご期待くださいませ。

前の15件 | - 穂竜奮闘記 ブログトップ