So-net無料ブログ作成

2017スタート [きんぎょ話]

気が付けは1月も上旬が終わっていました。
こんな感じですが、今年もよろしくお願いします。

年末年始はそこそこの規模の地震が頻発したので、
久々に備蓄の飲料水などを買い替えたりしました。
あの手の備蓄品は気が付くと期限切れてますからね。

さて、新年早々残念な報告をひとつ。

昨年、唯一成長した緋晶竜が横転してしまいました。
生きてはいるんですが、浮き袋に障害が出たようです。

暖かくなって泳ぎ出せば、親に使いますが、ダメなら
1代戻って再度チャレンジするしかないですね。

通常体色の兄弟は問題なく泳いでいるんで、そちらに
アルビノの遺伝子が眠っていれば楽なんですけどね。
まあ、出目が確実に繋げるだけでも良しとしましょう。

ちなみに、アルビノ浜錦は特に転ぶことなく泳いでいます。
冬前にきっちり〆飼いしたので、サイズはそこそこですが
十分な数の魚を確保したまま冬支度ができたように思います。

現状、緋晶竜を産めるのはダブルヘテロの親だけなので
数が安定せず、ハネ魚も多い状態ではありますけども、
この先、交配を進めていけばホモ個体も増えてくるので
以前のような、手探り状態から比べれば楽なもんです。

亀の色変交配に取組み始めたことで、金魚交配に関しては
正直、かなり気楽に取り組めるようになりました。

亀の交配に比べれば、代重ねも親の確保も簡単ですしね。
何より、産卵数が桁違いなので、結果がすぐに出ます。
この程度でイライラしていたら亀の交配なんでできません。

新たな世界を知ると、視野が開けるってのは本当ですね。
これからも貪欲にいきたいもんです。


寒波 [きんぎょ話]

この週末は非常に寒かったです。夕方には氷が張るほど。
そんな中でも冬のJRSやセンター試験、駅伝と様々な
イベントがあったようですね。お疲れ様です。

この寒波で、井戸水のラインも凍ってしまい、
昼過ぎまで、亀の掃除が出来なかったりと苦労しました。
外の飼育場所はは氷がこんな感じです。

IMGP0084.JPG


数年前の冬に比べたらまだ氷が薄いですけども
日向でこれだけの氷が張るのは久々ですね。

IMGP0085.JPG


金魚の容器も朝はこんな感じで全部凍ってました。
一応、フタをしてあるので、最初の画像ほどの氷は
張りません。青水も飛ばずに残っています。

まあ、水量さえしっかりあればこの程度の温度で
死んでしまう種類ではないので心配はしていません。

国産金魚の本領は、屋外飼育をするとよくわかります。
夏の暑さ、冬の寒さ、どちらにも強いです。それは体型や
品種によって大きく差が出るもんではないと思います。

IMGP0086.JPG


日本の四季に慣れ、しっかりと作られた魚であれば
丸かろうがアルビノだろうが丈夫なんです。