So-net無料ブログ作成
検索選択

仔にどう出るか? [変なクサガメ]

一昨年あたりから中国クサガメを育てていますが、
ベビー時にはあまり分からんのですが、
ある程度育つと、2つのタイプに分かれました。

血統としては全く別物で、真偽不明ながらも
色変ヘテロとの触れ込みです。中国からの輸入親を
使ったものと、日本最も普及しているであろう
某ブリーダー血統と思われる個体です。

パッと見で色の違いに目が行くと思いますが、
それ以上に違うと感じるのは甲の形状ですね。

タイプ1

IMGP0027.JPG


甲の色が濃く、幅もあって見慣れたクサガメ。
甲の質感も硬めで、大きくなりそうな雰囲気。
頭の作りもしっかりしていて、幅がある。

タイプ2

IMGP0028.JPG


甲の色が薄く、甲羅がもろい感じで傷みやすい。
甲に幅が出ず、全体的にスレンダーに見える。
顔つきもシュッとしていて頭の幅も出ない。
一般的に中国クサガメとして扱われる物に多い。

IMGP0030.JPG


少し小さいですが、これもタイプ2の♀個体。
前出の個体とは血のつながりはありませんが、
雰囲気や見た目は非常に良く似ています。

タイプ2は15㎝もあれば十分に成熟するようで
4クラッチ以上の産卵を行います。アカミミ並みです。
アカミミよりも成熟が速くて産卵数も同程度なので
変異個体の作出に向いているのが良くわかります。
反面、厄介者にされやすいかもしれませんね。

色変系は中国クサガメの影響が強いようなので
タイプ2が支配的なんでしょうが、中には
タイプ1のような個体もいるんですね。

子にもこの形状が遺伝するなら、面白い色変が
出てくるかもしれませんね。将来が楽しみだ。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0