So-net無料ブログ作成

治療記録 [変なクサガメ]

この手の記事を書く機会は少ないほうが
良いんですけれども、似たような症状でお困りの方の
一助になればとの思いで記録しておきます。

今回はアルビノクサガメのマウスロットです。
あくまで私個人の対処法ですので、実施の際には
自己責任でお願いいたします。

クサガメは総じて皮膚病にはまあまあ強いんですが、
中国系のクサガメについては、甲羅が脆い個体もいて
甲の白化やシェルロットが起こりやすいようです。

ただ、甲の白化やシェルロットであれば、放置しても
生命の危機に陥るほどのことは稀だと思います。

しかし、シェルロットの症状が口部に出るマウスロットの
場合、放っておくと顎の骨までやられてしまい、餌が取れず、
生命の危機に陥る可能性が一気に跳ね上がりますので、
早急に獣医につれていくか、自分で治療を行います。

獣医に診せる場合には、一刻も早く受診してください。
マウスロットはかなりの速さで組織が腐っていきます。

ちなみに、クサガメのマウスロットは過去に経験があり、
その個体についても今回と同様の処置を行ったところ、
無事に完治し、1年ほどで嘴の再生も確認できましたので、
今回、記事としてまとめることにしました。

まずは画像をご覧ください。

IMGP0025.JPG


急いでいましたので、処置後の画像になります。
下顎のくり抜かれた部分が腐っていました。傷は深く
口内まで貫通しています。亀のサイズが小さいので
実際の患部は米粒ほどの大きさです。

週に1度は個体の細部観察を行っていますので、この症状
が出て最大でも1週間しか経過していないはずですが、
これだけの範囲が侵されてしまいます。怖い病気です。

原因としては、小さな傷から細菌感染を起こすようで、
患部は白く濁った状態となります。飼育者間では一般的に

・星が出る

と言われる状態です。ドロガメ系の甲羅に出たものが
1番分かりやすいかもしれません。甲羅に出たものならば
放っておくと、星がある程度のサイズまで大きくなり、
その後、脱皮等により患部が露出し、固化した腐敗部が
脱落します。患部はクレーター状の穴が開きますが、
長い時間をかけて徐々に目立たなくなっていきます。

ただ、マウスロットの場合は一刻を争う事態ですので
早急な対応をしたほうが良いかと思います。

今回についても、症状を確認後、患部の切開を行い、
腐敗部を全て掻きだしています。腐敗部は白いカスが
詰まった状態になっていますので、細いピンセット等で
完全に取り除きます。中途半端な処置だと、再感染し
患部が広がっていきますので注意が必要です。

場所が場所なので、非常に処置しにくいですが、
骨を傷めたり窒息しないように頭を掴んで固定して、
作業を完遂させます。

個人的な感覚としては、腐敗部を完全に除去すると、
患部から出血があったり、ピンク色の生きた組織が
露出した感じになります。やりすぎに注意しつつ、
可能な限りきちんと腐敗部を取り除くことが大切です。

腐敗部が取り除けたら、水道水をかけて患部を洗います。
この際、細い絵筆などを使って、患部の中までしっかりと
洗います。場所が場所なので薬は使いません。

患部を洗浄後は、新聞紙などを敷いた容器に亀を入れて
日陰で12時間ほど強制乾燥させます。患部をしっかりと
乾燥させたほうが再生が早く進むように思います。

その後は、昼間は水飼育、夜間は強制乾燥を繰り返し、
患部が腐敗しないように観察を重ねながら養生します。
水飼育に使う容器は毎日石鹸で洗って夜間乾燥させます。

給餌については様子を見ながら再開しますが、給水は
毎日しっかり行ってください。

経過としては、患部の再生が始まると、穴の上の方の
嘴が自然に脱落し、下顎の約半分の嘴が失われます。
その後、時間をかけて嘴が再生をしていきます。

こんな状態になっても、調子が戻ってくれば餌食いは
戻りますので、食うだけ食わせて大きくしていきます。

以上、参考までに。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 2

タカ

マウスロッドって結構危ない病気なんですね。
確かに処置をするにはかなり困難な場所ですよね。
以前カメに目薬をさすのに首を引っ込められ長時間格闘したのを思い出しました。
首を出させるにも何かテクニックあるのでしょうか。
因みに僕はカメが自分で首を出すまで待つしかありませんでした^^;

先日はこちらの方でイベントの宣伝頂き有り難うございました。
お陰様でとても反響があり標本画も沢山出ました。
有り難うございました。
by タカ (2017-03-27 10:10) 

Faberge

>タカさん
骨まで完全に腐ってしまったら再生は難しいでしょうから
結構面倒な症状の1つだと思います。首を掴むのは
どこでも我慢比べだと思います。ベビーから飼育してると
警戒心が緩いんで結構簡単ですけどね。

イベントは盛況だったんですね。おめでとうございます。
こんな場末のブログでの宣伝になんの効果があったか
わかりませんが、そう言って頂けて嬉しく思います。

とんぶりには行きたいと思ってるので、出店されたら
ご挨拶に行きますね。
by Faberge (2017-03-28 21:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0