So-net無料ブログ作成

一冬超えて [変なクサガメ]

気が付けばもう3月ですからね。春ですよ、春。
相変わらず宅地の造成でうるさくてかないません。
林が無くなると、夏場暑くなりそうで嫌だなぁ。

さて、一冬を保温箱で過ごした亀ベビーでも。

T+アルビノクサガメ

IMGP0002.JPG


今年1番手塩にかけて育成をした甲斐があって
良い感じに伸びてくれましたね。ただ、1匹は
腹甲に深めのシェルロットが出来て、治療中。

初期の状態を見誤って治療が後手に回りました。
今はもうかなり良くなってますけど、成長差が。

ペアになれと願ってましたが、どっちも♀っぽい。
まあ、無事に育ってくれただけでもいいか。

IMGP0083.JPG


これが昨年末の画像なんで、丸2か月でかなり
育っていることがお分かり頂けるかと。

育ててみた感じとしては、ノーマルのクサガメ程
放置してたらダメだけど、トウブのベビーよりは
楽に軌道に乗ってくれるかな。配合も良く食うし。

異常がなければ、初期から夜間も水場飼育でOK。
イシガメと違って、乾燥は背甲の成長を妨げる様子。

シェルロットが出たら、患部を除去してイソジン
夜間は乾燥させといたほうが治りが早い。

尾が食われたら、早めに単独にして養生させる。
放っておくとジャンジャン食われるから。
食われた尾先に皮膚が乗れば食われなくなる。
この辺については、どの亀も同じ。水ガメ系は
ベビー時の尾が長い分、起きやすいトラブル。

この調子なら2年後ぐらいには採卵できるかもね。
まあ、♂の問題があるけど、策がない訳でもないし。
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 3

タカ

比べてみるとかなり成長しましたね。

背甲から肋骨が透けて見えて綺麗ですね。

尻尾ですがクサガメ イシガメあたりはやはりトラブルが多いのですね。

確かに血か体液の匂いがするのか、かじられた傷口は狙われます。

by タカ (2017-03-06 22:55) 

Pon太

上手に飼うとここまで大きくなるんですね。
2016CBのクサガメを30℃前後で加温してましたが、まだまだベビーサイズです。なにか大きくするコツとかはあるのでしょうか?
by Pon太 (2017-03-07 17:07) 

Faberge

>タカさん
イシガメも成長早いですけど、クサガメもなかなかです。

T+なのに結構透け透け系の甲羅になってますよね。
尾のトラブルはイシガメもクサガメも多いですね。
ミドリガメやドロガメ等は少ないんですけどね。

尾食いが出たら即隔離しないと、どんどん食われるし、
その個体も弱っていきますから早めの処置が肝心ですね。


>Pon太さん
おかげさまで順調に育っています。

大きくするコツですか?まずは個体の素質ですね。
消化と吸収ができる個体かどうかで大きな差が出ます。
特に変異個体は内臓が弱いのもいますからね。
今回は2匹とも比較的丈夫な個体だったように思います。
この辺は血の濃さなんかも影響してるようです。

それ以外の環境としては、温度は似たようなもんですから、
パワーフィーディングしてるかどうかだと思いますよ。

成長スイッチが入ったら、朝晩みっちり食わせてます。
個別のプラケ飼いなんで、水換えは毎日やってます。
ただ、週に1度は内臓を休めるために餌を抜いてます。

パワーフィーディングは成長が著しい時期でないと
無駄な肉が付くだけなんで、若いうちが良いと思います。

賛否はあると思いますけど、どんな亀もベビー期は弱いんで、
一刻も早くヤングサイズにしてやった方が長く付き合えると
思ってます。まあ、自己責任で参考にしてください。
by Faberge (2017-03-09 22:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0