So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

11/19はとんぶりです! [カメ]

いよいよ今週末に迫ってまいりました

とんぶり2017

でございます。既に今年のブースリストも出ています。

今年はブログ仲間のタカさんがとんぶり初出店します。
春のブラックアウト出店から一気に火がついた感のある

・亀の標本画

をメインとしたブースとなるようです。4階80番です。
私も先日のHBMで、タカさんの描いた標本画を初めて
生で見ましたけれども、画像で見るだけでは伝わりにくい
実物ならではの細かな表現と質感に感嘆しました。

一見の価値がありますので、とんぶりに行くなら見ておいて
損はないですよ。私も挨拶に行くのが楽しみです。

もちろん、大御所ブリーダー陣の今年の成果にも期待大です。
各人こだわりを持った親個体からのCB個体ならば、導入も
比較的スムーズでしょうから、しっかりと情報を聞き出して
爬虫類飼育にのめり込んでいただければと思います。

当然、お迎えを考えてる方は今のうちに飼育ゲージや昼夜の
温度環境を整えておきましょう。ベビー冷やしたらダメよ。
ハコガメベビーなら夜間25℃、昼間30℃ぐらいは欲しいかな。

個人的には数年内の出店を目指した情報収集を兼ねて、
当日は表より机の裏の方に目が行ってしまう気がしますが、
その辺は生暖かい目でご容赦いただければと思います。

今年は仲間と一緒に車で行くことになりそうなので、あまり
長居は出来ないかもしれませんが、楽しんで来ようと思います。
欲しい個体もあるので、良い出会いがあればいいけど・・・。

最後に、趣味の世界にどっぷりはまった先人達の言葉に

「安くなったら買おうという人は永遠に買わない」

ってのがあるそうで。実用品と違う趣味の品ってのは値段で
買うもんじゃないんだそうです。高くなったら自慢の種になるし、
たとえ暴落しても、笑いの種にすれば元は取れるんだってさ。
要は趣味に大事なのは楽しむことだってことでしょうね。

まあ、確かにそうなんだけど、そこまでの境地に達するには
まだまだお布施が足りないように感じる今日この頃です。
nice!(1)  コメント(2) 

もう冬だわ [カメ]

急に冷えたせいか体調を崩してシンドイ思いをしました。
昼間は暖かい感じでも朝晩の冷え込みは厳しいので
この時期は気を付けないといけませんね。

とはいえ、日曜には体調も上向いたので、庭に出てみると
イシガメとキボシイシガメだけしか活動しておらず、
冬眠箱のハコガメたちはすでに潜ってしまっていました。

この時期にここまで潜ってしまうのは初めてかもしれない。
やはり生き物たちは季節の変化に柔軟に対応していますね。

ただ、今から潜ると5月に出てくるまで、半年と長期戦。
今年は秋の餌食いもイマイチだったので心配ではあります。
無事に来春も元気な顔を見せてくれるといいんですが。

で、結局写真を撮れたのはこれだけ。

IMGP0015.JPG


IMGP0019.JPG


キボシイシガメの♂です。多甲板で甲の変形もありますが、
♂としては優秀で、初繁殖に貢献してくれました。
多甲は遺伝するって噂もありますが、私は気にしていません。
実際、これを親にした今年の仔に多甲は出なかったしね。

多甲は日本的にいえば「規格外」なので、商売人に嫌われる
存在なのは確かですし、買う側も「どうせなら完品が良い」
って心理があるので、避けられがちではあります。

ただ、多甲ってのは「曲がったキュウリ」みたいなもんで、
「見た目は悪いけど、他に問題はないよ」って事が多いので
「気にしなければお買い得品」って側面も持ってます。

それにブリード目的であれば交配時に傷は付いてしまいます。
尾切れ、爪トビ、甲の欠けなんて当たり前ですからね。
亀によっては下手すりゃ死んでしまう場合もあるわけですし。

その辺のリスクは完品でも多甲でも関係なく降りかかるので
嫌らしい話、リスク管理の面から見ても、多甲でお値打ちの
亀は貧乏ブリーダーには救世主だったりします。

我が家には、ほぼすべての種に多甲の親がいたりしますが、
仔に多甲が多発した経験は今の所ありません。

多甲が多く出て困ってる人は、どこかを見直すといいかも。
nice!(1)  コメント(0) 

静かな池袋 [カメ]

HBMに行ってきました。写真も購入もありません。

朝から電車に乗り遅れてしまって、池袋到着は10時過ぎ。
米大統領の来日とぶつかったので、多くの駅が警備強化中。

出遅れ感たっぷりだったので、諦めもつき会場には向かわずに、
ハオルチアを見に西武屋上の店へ。5月の東レプ以来です。

時期も良かったせいか、なかなか面白い品が揃っていました。
立地上、値段もかなり張るのがネックですけれども。
とはいえ、中にはお買い得な感じの品もちらほらと。

前から探していた交配種もあったので、一番大きい株を購入。
他にも欲しいものはあったけど、どれも数万クラスで断念。

で、その足で例の公園へ向かうと、すでにHBMの列がない。
もう入場が始まってました。初めて整理券なしでの入場です。
(ちなみに今年は250人ぐらいは並んでいたみたいです。)

公園の周りは再開発が進んでいるようで、建設中の建物が多かった。
近いうちに見慣れた風景も無くなってしまうのかもしれませんね。
今年の公園は特にイベントも無く閑散としていました。

おなじみの地下へとづつく階段を下りるといつものダンスホール。
公園の静けさから一変、HBM開場直後の熱気は今年も凄かった。
「買ってやるぞ!」って気合がないとブースに近づけません。
取りあえず、緩衝地帯でブースリストを確認しながら様子見。

HBMも5年ぐらい前は亀のブースは少なかった気がしますけど、
年々、亀を扱うブースも増えているように感じました。
開場1時間半もすると、異様な熱気も落ち着くので、知り合いの
ブースさんにご挨拶しながら、あれこれと情報交換。

ブリーダーイベントならではの極美個体も多くいましたね。
特にここ数年でフロリダやニシキは綺麗なのが増えたし、
トウブも「これは良くなる」と思えるベビーがいました。
種類も豊富で十分に選べるだけの数がいました。

ただ、一部のハコガメは価格が上がってしまっているので、
初めてハコガメを買う人からすれば、なかなか勇気がいる
感じになっているような印象はうけました。

数年前の自分もあの値段だったら相当悩んだと思います。
まあ、こればっかりは需要と供給のバランスがあるので、
仕方ないとは思います。欲しい特に自分の納得する価格で
入手するのが趣味の世界では最高の買い物だと思いますし。

2時間ぐらい会場をぶらぶらして、暑くなってきたので退場。
用事もあったので、それを済ませてから帰路につきました。

最後に、

日本各地から人が集まり、情報交換できる場所があるって
趣味の世界では物凄く意味のあることだと思っているので
毎年、HBMを運営されている方々には感謝いたします。
nice!(1)  コメント(0) 

安物買いの人生失い [ぐだぐ駄文]

Yahooにタイの空港からカワウソを密輸しようとして
日本人女子大生が逮捕されたとの記事がありました。
タイの市場での購入金額は10匹で33000円と格安。

本人は「売られているのを見て可哀想だと思い購入した」

とのこと。まあ、転売目的だと思われても仕方ないでしょう。
国内でペットとして正規流通するコツメカワウソは、1匹で
100万近いそうですから、たとえ半値だとしても10匹で500万の
荒稼ぎとなるわけです。3万が500万になるなら金塊の密輸
より割が良いのは確かでしょうね。ばれるリスクも大きいけど。

この娘も結構な代償を払うことになるでしょう。国外で逮捕
されると、司法が違うから色々と大変らしいので。

万が一、本当に動物がかわいそうで正義感から購入したにしても、
今のご時世では、動物の輸入は色々と規制や検疫が入る話なんで、
現地で素人が思いつきでやるもんじゃないのは確かです。

私らみたいな素人は、大人しくショップやイベントで
お金を出していた方がいいと思います。ハイ。

さて、今週末はいよいよブリーダーズイベント「HBM」ですね。
今年はすでに池袋のハロウィンイベントは終わってるようなので、
変に心を乱されることなくイベントを楽しめると思います。

nice!(2)  コメント(0) 

そろそろ見納め [カメ]

先週中ごろは陽気も良く、秋晴れでしたが
週末はまた雨・・・。3週連続で作業が進まない。

冬までにどうしてもハオルチア用の囲いを作りたい
んですけど、なかなか進みません。

今日はマラソンもあったはずですが、この雨の中じゃ
走る人も沿道の観客も大変でしょうねぇ。

亀の方もそろそろ見納めの時期になってきました。

イシガメはいつまでたっても動き回ってますが、
クサガメやハコガメはそろそろ冬眠に向かっていきます。
この秋は雨続きで餌もろくに食べていないのが心配ですが。

今年はキボシイシガメの初産卵、孵化がありましたし、
3年目でT+アルビノの産卵、孵化もありました。
徐々に繁殖が軌道に乗ってくるのは楽しいもんです。

来年の目標としては、

・色変クサガメの初繁殖
・ミツユビハコガメの初繁殖
・トウブ♀の産卵

になるかなと思います。色変クサはキャリコとアルビノの
ヘテロがいますので、どちらかはホモ個体が出てほしい。
個人的にはアルビノよりキャリコの繁殖に難儀しそうです。
アルビノはもう2年もすれば、♀のホモ個体が産むだろうし。

IMG_20171029_153347_crop_388x388.jpg


大きいほうの個体は甲長で10cmを越えているので
この冬加温して成長させて、来年から冷やします。

ミツユビもそろそろ産んでくれそうな雰囲気を出しているので
来年はベビーの顔が見られるかなと思っています。

トウブは無精卵で良いから産んでもらいたいもんです。
どう見ても♂が間に合いそうにないので。

IMG_20171029_153141_crop_388x388.jpg


ハナナガは今年は室内保温で様子を見て、来年から
室内無加温飼育に移行できればいいかな。ようやく
手に持っても閉じこもらなくなってきました。
イエローとレッドの発色がなかなかです。


nice!(1)  コメント(2) 
前の5件 | -